使用法、使用量、注意事項をよく読む。
食べ物、食器、おもちゃにかからないよう片づける。
ペット、鑑賞魚、イケスなどにかからないようにする。
作業衣をつけ使用法、使用量のとおりに使用する。
液、粉を吸わないように注意する。
隣家など対象外に吹き流れないように散布する。
皮膚についたときは石けん等でよく洗う。
作業後、手や顔を石けんでよく洗う。又は入浴する。
よごれた衣類はぬいで洗たくする。
残った薬はフタをしめ、ラベルをはがしたりしない。
小児の手がとどかない場所におく。
缶詰、食品などと一緒に置かない。
 
 
身体に付着した場合や異常を感じた場合の処置
1 使用したあと皮膚についた場合は石鹸水でよく洗い、眼に入った場合は水でよく洗い流す等、身体から薬剤を除去するようにつとめてください。
2 身体に異常を来した場合や、誤って薬剤を飲込んだ場合は医師の診察を受けてください。その際は、(1)誰が(大人か幼児か)、(2)何を(主成分、含有量)、(3)いつ、どのように被ばくしたか(飲む、かぶる、吸う)、(4)どれだけ(量)を医師に告げてください。
3 中毒に関する問い合わせには中毒情報センター110番として、下記の電話が開設されていますので、緊急の場合ご利用ください。
 
(財)日本中毒情報センター 中毒110番  
(大阪) 0990-50-2499(ダイヤルQ2)
365日 24時間対応
  (つくば) 0990-52-9899(ダイヤルQ2)
365日 9〜21時時間対応
 
all right reserved by HIIAJ コピーライト サイトマップ